節約方法

光熱費から削ってコストダウン

俺が短縮を意識したのは、光熱費の支出が高額で驚いた項目でした。

一人暮らしをしていたら7000円の気体フィーが厳しいと言われていたのに、結婚したら倍になり、キッズが授かって三倍になってしまいました。

大都市気体からプロパンガスに変わったとは言え、貸し賃の幾分以来を光熱費に払っているのは高すぎると節約し始めました。

最初は使って薄い入替えは消すという単純な項目から、シャワーの実施を止めてお湯を沸かす様になり、旦那の朝風呂を夜にしてもらいました。

電気も二つ電球がいる物は一環にして、クーラーの気温設置も気をつけてある。

タブレットも旦那と俺でパケットフィーがかかっていたのを外しただけで、料は幾分になりました。

便所の水の流れが恐ろしいので、ペットボトルを入れて節水やるし、お湯船を沸かしてる時は座席を水に浮かべて蓋もしてるので、少なく沸くし保温されているので冷めがたいだ。
支出
お湯船のお湯は洗濯にも取り扱うし、余ったら清掃にも使います。

クーラーや感覚清浄好機もマメに清掃した方が、電気代がかからないと聞いたので、それも実践しています。

清掃に扱う洗剤なども買わないで、大袋の食用の重曹とクエン酸で清掃をしてます。

短縮にもなるし、キッズがいても安心だ。