節約方法

自炊で節約

一人暮らしでは、家賃から水道光熱費、食費など、何かと出費が多くなります。特に食費は、食べないわけにいかないので、節約の対象となります。知り合いの多くが、外食ではなく、自炊をすることで節約を試みていました。しかし、自炊もなかなか難しいのです。

例えば、安くなっているキャベツや卵を買うと、しばらくそれを使わないといけません。一人分では、そんなに大量に使わないので、どうしても傷まないうちに、毎日にように食べるはめになります。料理のレパートリーが広くて料理上手ならいいですが、そうでなければ、飽きてくるのです。毎日、キャベツの炒め物やお味噌汁やサラダなど、青虫になったような気分になると言っていました。そのように工夫しても、急に外食や飲み会が入ると、使いきれずに腐れせてしまうことも多々でてきます。

よほど料理上手で、計画的に買い物と料理ができないと、難しいのです。また、お肉が高いからといって、野菜ばかりで自炊をすると、栄養バランスが崩れて、貧血になったり、体調を崩したりした知人がいました。若いうちは回復も早いですが、年をとって健康を害すると、今度は医療費がかかってきて、そのほうが食費よりも高くつきかねません。やはり、健康を害さない範囲で食費を節約するのがいいのかもしれません。