節約方法

節電は訳を持って楽しみながら

減額は適当なところで止めておいた方がいいです。あまりにも減額をムキになってやり過ぎてしまうと暮し面白くなくなります。あたいは一時期減額のやり過ぎで、「暮しって楽しくないものだ…」と、暮しを悲観的にとらえて仕舞う習慣がついた辺りがあります。その頃は何をしても代価のことばかり頭に浮かんでしまい、遊べるはずのゾーンでも楽しめませんでした。

そうなると断然生きていても案外楽しくないというか、代価のことが終始頭から離れなくて、自分で人をぶち込めてしまって免除印象が随分味わえませんでした。そんな風に過ごしていると、月間コンスタントにお金が貯まっていっても喜べないというか…「薄々責務印象で切り捨て責務印象で代価を貯めていらっしゃる」という感じになっていました。

そんな時にちょっとしたことから将来の概念を設けることができて、それに向かって代価を溜めることを決めて、そして薄々減額が面白く思えてきたのです。切り捨て代価をためる時について、何も概念も理由もなかった辺りとは明らかに異なりました。

それからは外食を燃やすためやけに積極的に減額をしましたが、これが相当面白く出来ました。家でごはんを作って食する楽しさがわかったからだ。