節約方法

女の子と老後の費用を溜めるようにします

子供にへそくりをかけなければ溜めることが出来ます。私としては18年の高校生を卒業することになればこれからおとなと思って良いのではないかと思っています。へそくりを蓄える場合は毎月ある程度貯めて行く事になりますが、まだキャンパスが残っていますので決して国立キャンパスに入ってもらって無料ようにしたいだ。授業料は私学では時代100万円を飛び越しますが国立大は半ばだ。

それだけでも減少になるのではないかと思います。そして我々は65年になり年金をもらうことになります。ファイナンス財産と不動産指揮が二度と議論されても良いのではないでしょうか。へそくりは投資するために持っておくので、本日例えば3000万円秘めるとしても、使うと簡単になくなってしまいます。例年300万円で使うと10時代でなくなってしまうからだ。

物価と高齢化と病気などを考えていくとへそくりは簡単になくなります。厚生年金が果たして仮に生まれるかも問題です。年金を払わない顧客もいるので果たしてわかりません。退職勘定が問題になってくるがちょっぴり多めにもらった程度ではお墓と戒名費用、葬式値段でお金が加わる訳です。死ぬのにもお金がかかりますね。

従ってファイナンスリソースを手広く持っていたとしてもさほど頼りにならないのではないかと考えています。それで子供が落ち着いてくれば女房と2人で老後のへそくり考察だ。1顧客よりも2顧客と言った感じでやっと働いてへそくりを貯めて行こうと思います。