節約方法

利潤を出さなければ利潤は必ず貯まります。

これはあたしが34年間で1000万円貯めた手段だ。すべての人に当たるわけではないですが勤め人のヒトなら絶対にできますのでぜひとも試していただきたいと考えております。あたしは税理士企業に勤める勤め人だ。未だに、税理士の認可は持っていません。最近、学校をしております、並行してファイナンシャルプランナーの学校もしております。あたしは以下5年代も止めるうちに一本立ちを考えております。そのときはより良し一生を送るためのセカンドオピニオンとしてのオフィスを解く気だ。

今回はそのつもりで私の預金手法をお話しできればと思います。よろしく。では本題になります。あたしはパートで所得は280万円だ。それでも結局7年代で1000万円を貯めました。この方法は正しく、お金を使わないことです。お金を使わないとはお金を使わないということになります。つまり、目に見える給与もそうですが目に見えない給与にも注意し、極力使わないように行う。例えば、自動的セールス機会で飲料ですが給与は使わないことです。

自販機で飲料を買うことがいけないことではないのです。目当ては給与そのものをださないということにあります。そのため、給与をふところの中から出してはいけないのです。この時点で預金はあきらめて下さい。そこで給与を繰り出すという仕業は未来のひとときを先にもらっているということになります。一旦ふところの紐は堅くといいますが堅くください。