節約方法

食材の無駄をなくして、貯金体質へ

節約を始めるにあたって、まず目をつけたのが、冷蔵庫内の食材についてでした。割引になっていたから、特売だったから、とつい買ってしまい、使いきれずにダメにしてしまうことがあり、すごくもったいないことをしたな、と後悔したことがありました。なので、食材の無駄をなくすことが節約につながる、と考えました。そこで、作ったのが「献立ノート」です。

まず買い出しに行く前に、冷蔵庫内に残っている食材を全てノートに書きだします。その食材プラス、チラシ等を見て、特売の食材で1週間の献立を考えて、ノートに記入します。その献立をもとに、足りない食材を書き出して、その書いた食材だけを買いに行く、という方法です。

初めから買うものを決めておけば、無駄なものを買うこともないし、献立を考えておけば、考えるストレスからも解消されます。この方法を試してみて、1週間で冷蔵庫内がスッキリするので、掃除もすることができて、一石二鳥だな、と思いました。調味料も、同様になくなりそうなものを買いだしておけば、無駄にストックを持つこともないので、物が増える心配もありません。

さらに、決めた献立を家族が見えるところに貼りだしておくことによって、家族も献立を把握できるようになり、帰宅する楽しみが増えたようです。