貯蓄方法

夫婦の財布をひとつにする事で貯蓄する。

結婚して子供を出産するまでは、夫婦の財布は別々でした。今思えば、これは早くやめた方が良かったと思います。主人が家賃は払っていましたが、その他はその都度払える方が支払ったりしていたので生活費や食費、光熱費が不鮮明になってしまい何にどれだけ使ったのか、いまいち管理できませんでした。

お互いに自由に使っていた金額も多くて、それが当たり前だと思っていました。子供を出産して改めて家計をまとめることになり、今まで自分たちが、いかに無駄遣いをしていたかが分かりました。主人はお給料をすべて私に渡してくれるので、その中から毎月お小遣いを決まった金額渡すことになりました。

今まで自由に使えていたお金が急に減ってしまい、窮屈だったと思いますが、そこは夫婦一緒に子育てをしていくということで協力しあう良いきっかけになったとおもいます。その後、子供が小学生になり、私はパートにでることになりましたが、変わらず夫婦の財布はひとつです。

私のパート代は全額貯蓄に回し、主人のお給料で生活費やその他諸々すべてまかなっています。財布をひとつにまとめたことで夫婦の意識もひとつになり、家計の無駄を省くこともできて節約にも貯蓄にも良いことずくめでした。