費用はどうすればたまるのだろう


世の中には金額を蓄えるのが上手な他人と下手な他人がいる。おんなじ年頃で収入も大差なく、世帯体制が同じであっても貯蓄額には差がついているケースは世の中に沢山あります。上手に節約するとか有益経済的に生活することによって差がついてしまうのです。そして経済的に差をつけられた一家は、のほほんと金額をためた一家を妬むのです。   

しかしよその一家を羨ましく思う前にわが一家をぐっすり見直して下さい。いかほど不要で贅沢な生活をしているのか気付くのではないでしょうか。都合を幾つか上げます。報道費は月々かりに払っていますか。世帯4他人で5万円も払っていませんか。工夫して10000円客席に解きほぐしましょう。車は5年頃以内にニューモデルに変えていませんか。車はそのダブルの10年頃はのぼりましょう。太陽設備やメニューを買いに車を使っていませんか。車は止めて自転車を利用しましょう。光熱費がかからないように工夫していますか。バラバラに腹ごしらえやバラバラに入浴することは止めましょう。不要な照明は消しましょう。  

金額をためるのが上手な他人はこの幾つもの工夫をしていらっしゃる。その重ねが著しいのです。1日に100円節約します。1年間に36500円、5年間で182500円、10通年365000円、20通年730000円となります。削減できるのは100円ボッチではないと思います。若し毎日500円も削減できればすごい金額になります。金額はこのようにして溜まる代物なのです。

使いどころと節約どころ、しっかり押さえて節約を


節約と言っても暑い夏にエアコンを止めたり、買いたい洋服を我慢したりするのは

辛いですよね。かといって好き放題にしていてもお金はたまらないし、みなさんここのジレンマに悩んでいると思います。

私も今までいろいろ試しましたが、やっぱり我慢を強いられるような事は続きませんでした。

今言える事は無理をしないで頼れるところは頼る、という事です。

例えば古い家電は買い換えました。

暑い夏に古いエアコンで設定温度を低くしていても全然涼しくなかったです。

でも最新のエアコンに買い替えた後は、29度とかの省エネ設定でもかなり涼しいんです。

猫を飼っているので昼間もつけっぱなしですが、1か月5円程度ですんでいます。

冷蔵庫、テレビについても省エネ機能のあるものに買い替えています。

また明かりもLEDに変えました。電気代については初期費用を少しかけて環境を整備する事でより無理なく節約する事が可能になりました。

あとは日々の食材です。

ついつい買い込み過ぎてしまう事も多いと思いますが、おすすめは毎日行く事。

そしてその日のお安い食材を、毎日買うのが効率がいいと思います。

食材もやっぱり買って来てすぐの方が新鮮ですし、いったん冷凍庫とかに入れてしまうと味も落ちるし、

何より忘れてしまったりします。それに、安いから買っておこう!と思って購入して使わなかった物ってありませんか?

私は今まで結構ありました。

これは勿体ないので、安くても本当に必要なものでない限りは買いだめしなくなり、

家の中には本当に必要なものしか置いていません。

結果、余計な出費が減って節約につながっています。

食費のちょっとした節約方法


私自身が以前雑誌か何かで読んだことのある節約方法です。

食費は生活費の中でも工夫次第で節約できる項目ではないかと思います。

うちでも何とかしたいと思っていました。

よく言われる「100円料理」のようなものは家族の協力がないとできませんね

私は家族に食べ物で我慢させたくないと思っていたのです。

そんな時に出会ったこの方法は、私が頑張ればできると思いました。

それは、調味料についてです。

例えば「麻婆豆腐の素」「青菜の炒め物の素」などといった

「これひとつで味付けができる」という商品を買わないようにする。

それだけでした。

既存のお酒やみりん、みそ、しょうゆというものだけで料理をする。

言ってみれば、結構当たり前の事なのですが

やってみてわかりました。

ひと月くらいではこの「味付け用調味料を買わなくなったこと」の結果はあまりありません。

けれど、3か月くらいして家計簿を見直すと、効果があったのです。

うちの場合は一年で5000円ほどは節約できたように思いました。

今はネットで味付けの仕方をいくらでも探すことができます。

ただ、慣れるまでは、安売りをしている味付け調味料の商品を

買わないように我慢するのがちょっと大変かもしれませんね。

私の節約、貯蓄


素直に言っちゃいますと、私お金が好きです。

お金自体も好きなのですが、やっぱり心躍るものを買ったときのうれしさや美味しいものを食べたときの幸福感を味わうためにお金を使うのが好きです。

そうは言っても、正直あまりお金が入ってくるものが少ないんですね。

なので、節約や貯蓄っていう方法をとっています。

あまり、クレジットカードを使わなかったのですが最近ではクレジットカードも有効に使っています。

カードだと使いすぎてしまうのが不安でしたが使ってみると全然大丈夫ですし、ポイントとかのメリットもあるので良いです。

お得なときは、ポイント4倍とかいろいろあるので利用しない手はないです。

コツコツと貯めると気が付いたら意外とポイントがたまってお勧めです。

他には電気代は節約しています。

意識していないと、電気代も高くなってしまうので気を付けています。

特に冷房や暖房を使用すると電気代が一気に上がるので工夫はします。

夏場は、温度設定を低くし過ぎないようにして扇風機を併用します。

冬場は、温度設定は上げ過ぎないであったかい服を着こんだり湯たんぽを使用します。

それと、省エネタイプの蛍光灯にしたりテレビはつけたままにしないとか、音量は上げ過ぎないとかちょっとしたことですがしています。

一人暮らしをきっかけに節約に目覚めました


ずっと実家暮らしだった私は、昨年親元を離れて一人暮らしを始めました。

実家にいる時はお給料から月に数万円入れれば後は自由!というような気楽な生活でしたが、一人暮らしをしてみると生活をしていくのは大変だということに気づきました。

食費、光熱費、通信費。

車持ちなので駐車場代と、アパート暮らしなので家賃、冬は灯油代など生活には非常にお金がかかることを身をもって知ることに。

決して多くない給料で生活をしていくにはそれなりに節約をしなければと思い、行動してみることに。

電気のつけっぱなし、水の出しっぱなしはご法度。

ちょっと距離があるけど多少安い駐車場に車を置くようにしたり、携帯電話のプランを見直したり。

一番考えたのは食費で、毎日近くのスーパーのチラシとにらめっこし、安い食材をチェックし、数日~一週間の献立を考えたうえで買い物するようにしました。

週に使えるお金を決めておき、その予算内におさめるように試行錯誤しています。

ろくに料理もしなかった私が、節約のために自炊をするようにもなりました。

一人暮らしは大変だけど、自分が成長するきっかけにもなったかなぁと思います。

貯金も少しずつではありますがするようにしています。

しかし、貯まってきたなぁと思う頃にはなぜか急な出費があるのです・・・。

貯金を全部持っていかれることはないものの、なぜかお金が急に出て行ってしまうんですよね。

マイナスにならないだけマシと思うしかないのか。

それでも、地道に頑張っていれば貯まるはず!塵も積もれば山となる!と言い聞かせて頑張っています。

たまに宝くじでも当たらないかなぁなんて思ってしまいますが。

自炊で節約


一人暮らしでは、家賃から水道光熱費、食費など、何かと出費が多くなります。特に食費は、食べないわけにいかないので、節約の対象となります。知り合いの多くが、外食ではなく、自炊をすることで節約を試みていました。しかし、自炊もなかなか難しいのです。

例えば、安くなっているキャベツや卵を買うと、しばらくそれを使わないといけません。一人分では、そんなに大量に使わないので、どうしても傷まないうちに、毎日にように食べるはめになります。料理のレパートリーが広くて料理上手ならいいですが、そうでなければ、飽きてくるのです。毎日、キャベツの炒め物やお味噌汁やサラダなど、青虫になったような気分になると言っていました。そのように工夫しても、急に外食や飲み会が入ると、使いきれずに腐れせてしまうことも多々でてきます。

よほど料理上手で、計画的に買い物と料理ができないと、難しいのです。また、お肉が高いからといって、野菜ばかりで自炊をすると、栄養バランスが崩れて、貧血になったり、体調を崩したりした知人がいました。若いうちは回復も早いですが、年をとって健康を害すると、今度は医療費がかかってきて、そのほうが食費よりも高くつきかねません。やはり、健康を害さない範囲で食費を節約するのがいいのかもしれません。

月収8万円の私の節約、貯蓄術


銀行カードローンを即日で利用するポイント

契約社員の私は時給700円でフルタイム働いても手取り8万円程度です。彼氏と同棲をしていて家賃や光熱費などは私は払わなくていいものの、それでも自分の支払いがあるので自由に使えるお金はほとんどありません。いかに日々の生活の中に節約を取り入れるかによって自由に使えるお金、また貯蓄できるお金が決まってきます。

まず私が実践している事は、昼食に欲を出さないという事です。外食はもちろんしませんし、コンビニにも行きません。おかずのたくさん入ったお弁当も作りません。ラップおにぎり一つです。おにぎりの中に冷凍食品のから揚げを一つ入れ、ふりかけや塩昆布等でごはんに味をつければひとつでも満足のできる昼食となります。これで昼食代は1ヶ月500円いかないと思います。昼から眠くなってしまう人はとても多いと思いますが、この量だと丁度良く昼からも頭が冴えて眠くなる事があまりありません。節約にもなり、ダイエットにもなり、眠くもならないので私にとっては一石三鳥の方法です。

次に私がしている貯蓄方法の一つですが、500円玉貯金をしています。一日一枚ではなく、財布の中に500円玉があったら入れるという軽い感覚です。買い物の会計時に財布の中に500円があればそれは使いません。貯金箱に入れます。それから無理に500円玉をお釣りでもらうような払い方もしません。500円玉がお釣りできた時にはラッキーと思って貯金箱に入れます。そんな感覚で月に6000円ぐらい貯金箱に入っています。買い物に行くことが少ない私でこれだけなので、毎日のように買い物をされる主婦の方はもっといけると思います。500円玉を入れる度に持ち上げてみたりして、貯金箱が重くなってくるのが楽しみになる貯金法ですよ。

お金はあればあるほどいいな、欲しいなと誰もが思いますが、節約も貯蓄も自分なりに楽しむ事が出来たら充実していて満足のいく生活を送ることができます。欲しいものは我慢せずに適度に買って心に余裕を持ち続ける事も私は大事にしています。無駄遣いではなく経費や投資と考えればこれからも頑張ろうという気持ちになれるのです。

ズボラさん向け!1分でできるカンタン節約方法


あなたには実践している節約方法はありますか?私は自他共に認めるズボラで、家計簿もなかなか続かず、節約が苦手です。
そんな時私が試して、【一年間で30万円以上節約できた方法】があります。

それは、【節約しておトクになった金額分をどんどん足し算してメモに残していく】こと。具体的には… 例えば、《定価5000円》のワンピースを、《セール価格の3000円》で購入したとする。ということは、《2000円トク》したことになります。その《トクした2000円》を記録していくのです。

ランチをするときは、1200円のドリンク付きランチではなく1000円のドリンク無しランチにしましょう。《200円節約》できますね。これを、《先ほどの2000円に足して2200円》とメモしましょう。小さな節約でいいのです。それをどんどん大きくしていきましょう。他にも、自販機で買う缶ジュースをミネラルウォーターにする。

新発売の商品は、すぐ試さずに価格が下がるまで待つ。店頭で衝動買いしてしまうのをグッと堪えて、インターネットで最安値のお店で買う。節約のチャンスは日常にたくさんあります。節約した金額が溜まれば溜まるほど、モチベーションに繋がります。私はこれで、無駄遣いをしなくなり、一年間でメモした金額が30万円以上になりました。

ふるさと納税は節約&貯蓄につながるかもしれません!


働き盛り世帯の節税対策の1つとして、最近話題になっているのがふるさと納税という制度らしいです。

私自身も雑誌で特集されているのを見かけて始めてその存在を知ったのですが、賢く活用すると賢く

節約&貯蓄に励めるチャンスとなる気がしています。

ふるさと納税というのは形的には自由に自分で決められる地方に寄付をして、そのお礼としてそこの地元の

おいしそうな特産品が贈られてくるというシステムになっています。しかし、後から支払っている税金から

寄付金をしたお金が各家庭で制限は違いますが、控除されることになり、実質負担は数万円購入したとしても

2000円のみとなるお得な制度なのです。

ということはお礼品の大量の食材分がかなりお得な部分となるということです!

税金が多すぎるな~なんて思っている家庭には、かなりのお得な節税対策になることは間違い

なさそうなので、実際に活用してみるのも良いかもしれませんね!

今年からはサラリーマンでふるさと納税を行っても確定申告に行かなくても処理ができる

制度ができたらしいので、そのあたりしっかりと学んで知識を習得してみたいものです!

節約&貯蓄は簡単そうだけれども、現実にはかなりの気合と根性と忍耐力が必要だといえる

ものだと思います。

だからこそ、お得に楽しみながら行ってみるのも1つかもしれません!

チリも積もれば山となるコーヒー代


サラリーマンので、昼食後にカフェでコーヒーを楽しまれる方は結構多いものです。カフェのコーヒーは安くても300円程度で、週日に20日間/月、このカフェを利用すると6000円/月、72000円/年もコーヒー代に使っている事になります。

毎日、300円ではありますが、チリも積もれば山となるで、結構お金を使っている事に改めて気付きます。しかし、昼食後のひと時、嗜好品であるコーヒーを楽しむ習慣は止める事は辛いものです。

そこで、コーヒー自身をコンビニの100円コーヒーか、マクドナルドの100円コーヒに代えて見ればどうでしょう。コンビニコーヒーを公園のベンチでくつろぎながら飲むのも意外とリフレッシュできて良いものです。天気が悪い時や、真夏や真冬は、マクドナルドのコーヒーを楽しむと良いでしょう。

これで、月に200円*20日=4000円、年間で48000円も節約できるのです。毎日200円を浮かせても、小銭入れに入れていると別の目的で簡単に無くなってしまいます。そこで、オフィスの机の引き出しに、つもり貯金用の貯金箱を忍ばせ、そこに毎日差額の200円を入れる事がポイントです。

どんな節約も、浮いたお金を確実に貯蓄に回す事が重要で、こんな日々のわずかなお金も同様なのです。このつもり貯金を組み合わせる事で節約は完結するのです。